不動産を買取相場よりも高く売る

不動産を高く買取ってもらうためには理由がある!

不動産を買取ってもらう手順としては以下の通り。

  1. 不動産の相場を把握
  2. 買取業者の選定
  3. 売買契約の締結

この他にも細かい作業がいくつかありますが、大まかな手順として、この3ステップです。
この「相場」「選定」「契約」は不動産において「高く買取ってもらう」最重要事項ですので
しっかりと実践していきましょう!

 

不動産買取相場|ユーザー満足度が高いサイトランキング

 

@「不動産の相場を把握」〜相場のチェックにはこれを使え!一括査定サイトランキング!〜

イエウール

・不動産買取業者:900社!

・顧客満足度:98%! ←国内最高
・利用者合計:450万人! ←国内最高
・上場企業から地元密着企業まで多種多様な企業が参加!

 

>>イエウール公式サイトはコチラから

イエイ

・不動産買取業者:1,000社 ←国内最高

・利用者合計:150万人!
・何でも相談できる安心のサポート体制が人気の秘密!
最大10万円相当の商品券がもらえるキャンペーン実施中!

 

>>イエイ公式サイトはコチラから

オウチーノ

・不動産買取業者:500社

・オウチーノのキュートなキャラクター「ゲーテくん」の無料通話アプリのLINEスタンプが販売中!
・サイト内に掲載の「不動産売却ガイド」で売買ノウハウ・注意事項・相場情報を学べる!
最大66,000円の現金がプレゼントされるキャンペーン実施中!

 

 

>>オウチーノ公式サイトはコチラから

 

個人情報の取り扱いについて

ネットで業者に不動産の査定を申し込もうとするときに、個人情報の書き込みが必須の
申し込みシートを使っている業者が全てとは言いませんが九分通りといった状態です。

 

物件の査定を申し込んでみたいけれども、
「ネット上に個人情報を流すのが不安」「営業の電話がどんどん掛かってくるのがイヤ」などで、
査定をネットで申し込むことに気後れを感じる人もいるでしょう。

 

ですが、そういったユーザーの声に応えたのか近頃は、電話番号など個人情報の記載不要で
不動産がどれくらいで売れるかざっくりとわかるようになっているサイトもありますので、
気軽に使ってみると良いですね。

 

不動産の売却は買取と仲介のどちらにすれば得か

結論からいうと、売値の高さを考えるのなら仲介です。買取の場合は仲介よりも安く売ることになるでしょう。
しかしながら、現代での売却は「買取」のほうが主流になりつつあります。
それは、仲介の場合だとリスクが多いということが原因となっていて、
具体的に挙げると
・「仲介手数料がかかる」
・「売却まで6カ月〜1年かかる」
・「買い手が見つからず売れない可能性がある」
仲介の場合では以上の3つの理由から現代ではあまり選ばれていません。
そこで、不動産業者が直接的に不動産を買取ってくれる「買取」という売却方法が人気なのです。
買取は仲介に比べて、1割ほど売却金額は低くなるものの、早ければ1週間ほどで契約できます。
また、企業との直接取引ですので、即現金化でき、手数料はかかりません。

 

買取をおこなっている不動産会社は少ないのですが、
イエウールイエイから探すことができるので、査定と一緒に調べてみてください。

 

>>イエウール公式サイトはコチラから

 

 

>>イエイ公式サイトはコチラから

 

 

 

A「買取業者の選定」〜高く買取ってくれる業者を選べ!〜

 

不動産の買取一括査定は、ネットで複数の不動産買取会社にまとめて査定を依頼できるサービスのことです。
1つずつに査定を依頼すれば、長時間かかりますが、不動産買取の一括査定を使用すると、
ほんの数分だけで複数の買取業者に依頼することができます。
利用しないよりは利用した方が得なので、不動産を売ろうとする時は一括査定するようにしましょう。

 

不動産を査定してもらう際の大まかな手順

まず初めにインターネット等で一括査定を頼みます。
不動産買取業者からこちらの情報を基にした査定額が表示されますので、
査定の額が良い業者、信頼ができそうな業者を選んで、不動産を実際に査定(訪問査定・個別査定)してもらいます。

 

複数業者から査定を取り寄せ、そこから相場を割り出す。
その相場よりも高く査定してくれた業者に連絡しましょう。
大体、査定は4社〜6社ですので、相場を超える業者2、3社です。
しっかりと査定と相場をチェックしましょう。

 

査定は2種類ある

一括査定サイトの利用時に、大まかな概要だけを知れる「机上査定」と正確な査定額を知れる「訪問査定」を
選ぶことができます。一刻も早く売却を急いでいる方は「訪問査定」がオススメですが、
そうでない方は机上査定で入力しましょう。

 

査定の金額が満足いくものだったら、契約を行い、不動産を売却しましょう。
代金はその日にもらえるのではなく、後日振り込まれる場合がほとんどです。

 

 

 

 

B「売買契約の締結」〜契約は3種類存在する!〜

不動産を売却するにあたって知っておきたい知識ってたくさんありますよね。難しい知識もたくさんあるかとは思いますが、不動産を売却するにあたって損をしないようにも基礎知識を身に着けておく必要があるのです。まず媒介契約についてなんですが自分の保有している不動産を売却するということで、不動産会社に対して売買の仲介を正式に依頼する場合としましては、媒介契約を結ぶ必要があります。仲介のサービス内容、そしてそれに対する対価としての手数料を明確とするとても大切な契約ということになります。媒介契約を締結する際には自分の希望や意志をはっきりしっかりと伝える必要があります。

 

@一般媒介契約とは?

媒介契約には3種類存在するのですがその中の一つが一般媒介契約なんです。一般媒介契約というのは複数の不動産会社に対して同時に仲介を依頼することが可能な契約です。例えば不動産会社を通さなくても自分で見つけた相手方に対して売買契約を行うことができるのです。そして一般媒介契約の中にも明示型と非明示型があります。
明示型とは…不動産会社とは何社とも契約できますが、仲介を依頼した不動産会社にどの会社と仲介契約をしているか伝える必要性があるタイプです。
非明示型とは…複数の不動産会社に仲介を依頼しても、どの会社に依頼しているか教える必要性がないタイプです。

 

A専属専任媒介契約とは?

仲介を1社単独の不動産会社に依頼する契約です。他の不動産会社に仲介業務をお願いすることは契約違反です。また、自分で探してきた相手方(友達や親族)に関しても、依頼した不動産会社を挟んで取引することが、契約上の義務になっています。

 

B専任媒介契約とは?

専属専任媒介契約とほぼ同じ内容の契約ですが、
自分で探してきた相手方(友達や親族)とは、不動産会社を挟まずに契約することが可能です。

 

 

不動産一括査定サイト「イエウール」の評判・口コミ・評価

不動産一括査定サイト「イエウール」の評判や口コミ、評価はどうかなと思って「イエウール」のホームページを見てみました。
実際に不動産一括査定サイト「イエウール」を利用した方の感想や評価が掲載されていました。
その利用者さんは、東京都豊島区のマンションを新品で購入し、築3年で売却することになったのだそうです。

 

24時間365日サイトから受付可能なので便利

仕事で忙しいときにも査定依頼をする手間が省けますし、
不動産買取業者の初動対応の良し悪しが比較できるので同時に査定ができる一括査定は良いと感じました。
実際に不動産一括査定サイト「イエウール」からは、5社の査定をもらったそうで、
少なすぎても多過ぎてもよくないのですが、5社だと比較するのにちょうど良い数だと思いました。
そして、実際に不動産一括査定サイト「イエウール」から連絡をくれた不動産業者さんにマンションを売却したそうですが、
契約形態は専任媒介契約だったということです。

 

業者の選定理由・売却までの期間・内覧者など

対応のスピードが迅速で担当者の人柄が良かった不動産業者さんに決めたそうですが、売却に迷っていたので、
「イエウール」を使ってからおよそ半年かけてマンションを売却するに至ったそうです。
ちなみに実際に物件を見に来られた方は、20組40名ほど。
「イエウール」を実際に使ってみた口コミとしては最低限の不動産売却の知識を身につけたり、
諸費用などについて知っておくと良いと感じたそうです。

 

 

ちなみに、10万円でも高く売却したい人がよく使っているテクニックですが、ランキング1位のサイトだけではなく、2位のサイトも利用することをしているようです。確かに全ての企業が重複しているわけではないので、少しでも高く売りたいのであれば無料ですし実践してみる価値がありますね♪

 

ランキング1位のイエウール2位のイエイです。
ご参考にどうぞ(*´ω`*)