不動産の売り時はいつ?需要期やシーズンはあるの?

不動産の売り時はいつ?需要期やシーズンはあるの?

不動産業界にも需要期やシーズンというものはあります。この期間は引っ越しをする人が多いといわれている月間であり、物件探しをゆっくりしようと思ってもなかなか自分のペースで探せなかったりするものです。不動産業界で忙しいといわれる時期というのはいつ頃なのでしょうか。引っ越しは進学や就職に合わせて行うという人が多いでしょう。よって4月に合わせ引っ越しをするという人が多いのです。そのためこの繁忙期というのは大体1月から3月にかけて忙しいとされています。こういう時期なりますとゆっくり時間をかけて物件を探せないのではないかという不安がある一方で空き物件も多く出るというメリットもあります。特に不動産が忙しいとするのはこの中でも3月だそうです。なので空き物件を探したいというのであれば1月から2月の間に探して購入してしまうのがいいのではないでしょうか。特に1月は問い合わせが少なく、前年度に建設されたような新築物件の空き室が残っていたりするので余裕をもって紹介ができるとのことです。2月も入居と退去が一気に出る季節なので不動産的には忙しい季節ですが、物件を選ぶのにはおすすめの季節だとされています。しかし入居も決まりやすい時期になるということでこの時期の物件購入には即決の覚悟も必要になります。需要期が客によって物件を選びやすい時期であるとしたら、上記に挙げた時期よりも5月のほうが需要があるという風にされています。確かに上記に挙げた時期は不動産にとっては売り時であり、忙しい時期であります。しかし客にとってはゆっくり内見できないし購入のメリットデメリットを比較できる余裕もないまませかされて、このままでいいのかと考えてしまう人がいるはずなのです。そういった人たちにおすすめなのが、5月に販売されている物件になります。5月というと、繁忙期が終わって家主さんに諸条件の交渉がしやすくなる時期でもあります。また不動産が繁忙期を過ぎると丁寧に対応してくれますし、なにより相談にも乗ってくれるので安心して物件選びができるようになるでしょう。また3月や4月に入居するという人が多い反面、5月はそういった人たちが退去した後にリフォームされた部屋が見られるようになります。内見時に綺麗な部屋だとそこに住んでみたいという気持ちもより一層高まるはずです。また近年では就職してから一人暮らしをするというよりも大学に入ってから一人暮らしを始めるという人が増えてきています。よって現在は、学生用マンションや単身用アパートなどの需要が高いのですが、2018年からは大学への進学率が下がるといわれているため、マンションを管理している人はこういった物件を社会人向けのものに変えていかないといけなくなってくるかもしれません。こういった需要期の情報を知っておくことで家賃をどのくらい支払わなければならないのかも変わってきます。物件が黙っていても売れるような1月から3月にかけては、募集をかけなくても応募者が多く集まるため、通常よりも家賃を上げてくる可能性が高いのです。この時期はオーナーも管理会社も礼金交渉に応じてくれないことが多いので注意しましょう。逆に繁忙期を過ぎて客が少なく何としても空室を埋めたいときには家賃も友情に戻ります。入居してほしいのは管理会社やオーナーのほうですので礼金交渉にも応じてもらいやすくなるというのが繁忙期との違いでしょう。しかし閑散期などを選んでしまうとすでに希望の物件に入居者がいるという可能性があるので希望条件に合った物件が選べる確率は下がるといってもいいでしょう。以上のことをまとめると繁忙期というのは人が動きやすい季節のことであり、この時期には一気に物件の受容性が高まるといってもいいでしょう。逆に閑散期というと人が動かなく落ち着いた時期になりますがこの時期になると、条件のいい物件というものが繁忙期に売れてしまっていて自分の希望の物件が残っている可能性というものか低くなると考えられます。そうならないためにも、どの季節に買えば余裕をもって引っ越しできるのかスケジュールを立てて、動き始めるのがいいでしょう。繁忙期は1月から3月だと前述しましたが、夏休み明けの9月も新しく引っ越そうという動きが見られ繁忙期になります。それを見計らうかのように条件のいい物件も新しく出ますし、営業側も夏休み中に力を入れていきます。10月や11月はまた落ち着くので物件を探せなかったという人はこの時期にもう一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。こういった業界は、景気によっても大きく繁忙期などが左右されるものになります。景気が悪化すると売上自体が下がるということなので、家を購入しようと考える人がおそらく減るということなのではないでしょうか。もし物件を購入しようと考えている人がいましたら、上記の内容を是非参考にしてみてください。